3.11東日本大震災から3年。1分間の黙祷を捧げました。



おはようございます。今日の世田谷は晴れ。昨日は三年前の3.11東日本大震災で犠牲になられた方に1分間の黙祷を捧げました。僕の従兄弟も、たまたま仕事で赴任していた南三陸町で津波に遭い、いまだに見つかっていません。郡山の実家も当初は会社を一時閉鎖せざるをえないほどの被害を受けました。ある意味被災家族の一人として、被災地に帰る度に、かけ声ばかりで遅々として進んでいない復興や子どもたちを守る政策の不十分さに疑問を感じます。国も空回りのセレモニーや多額の予算を投入するばかりでなく、真に復興を前進させる「災害時に超法規的な対策が講じられるような大規模災害時緊急対策法の整備」を検討すべきではないでしょうか?復興を遅らせているのが現行法の壁だとしたら皮肉なことです。郡山の同級生から前日にもらったメールが心を打ちました。「あの悪夢から3年です!最近特に福島県人が周りに踊らされているようで、何処に向かっているのか?福島のあるべき姿が良くわかりません。一番大切な、子どもたちの育つ環境は整えられているのでしょうか?お金だけが意味なく右から左へと動いている気がします。」震災はいまだ続いています。
写真は地元のテレビ局に勤めている僕の姪エリカからの写真です。「ふくしま復興のつどい 希望のあかりin福島」