<イラク自衛隊>最後の220人が出国 撤退が完了



 イラク南部サマワから撤退を進めていた陸上自衛隊の隊員のうち最後まで現地で活動していた約220人が17日、イラクを出国し、隣国クウェートに到着した。これで、現在派遣されていた約600人全員がクウェート入りし、撤退が完了した。初の「戦地」派遣で論議を呼んだ陸自の約2年半にわたる活動には、3カ月ごとに部隊が入れ替わる形で計5500人が携わったが、犠牲者を出すことなく無事終わった。
 隊員の撤退は7日から6陣に分かれて行われ、最後の隊員らは16日夜、宿営地のサマワを車で出発、約100キロ離れたタリル空港に到着。航空自衛隊のC130輸送機で17日、数回に分けてクウェートに入った。最終の56人は午後1時半(日本時間同7時半)過ぎ、クウェート空軍のアリアルサレム基地に到着。第10次人道復興支援群群長の山中敏弘1佐(44)が出迎えた額賀福志郎防衛庁長官に撤退完了を報告した。
 山中1佐は記者団に「全員が無事クウェートに到着でき、うれしく思っている。陸自の活動が現地で高く評価され、誇りに感じる」と語った。防衛庁によると、復興支援活動では、医療関係が277回、5万3500トン分の給水、学校や道路など133施設などの復旧・整備などが行われたほか、活動に伴う雇用は延べ約48万8000人に上った。
 撤退した隊員らは、クウェート市郊外の米軍キャンプで精神的なケアを受けるなどしており、20日の第1陣以降、月内に全員が日本に帰国する予定。イラクでの自衛隊の支援活動の今後は、航空自衛隊が国連や多国籍軍の活動支援のためにクウェート―バグダッド間などでの物資輸送に当たる。
(毎日新聞)

とりあえず、一人の犠牲者も出さずに無事撤退が完了してホッとしました。

 もともとは米国の要求に応えた派遣。撤退の代わりに空自の活動をバグダッドや北部アルビルに拡大させて理解を得る必要があった。イラク復興特措法による基本計画は12月に期限が切れる。その段階で政府は空自の派遣を継続するかどうかの判断を迫られることになる。
 一方、在日米軍再編が実行に移れば、自衛隊と米軍の一体化が進む。新防衛大綱も国際平和協力活動の拡充方針を打ち出している。米軍が次に海外で展開する時、自衛隊の参加に対する期待は、イラク派遣を最低ラインに一層高まるだろう。
 これに応えるため、自民党はすでに恒久法制定の検討を開始。「一人の死傷者も出さず、一発の弾丸も撃たなかった」(首相)日本独自の自衛隊の活動が、治安活動もできる「普通の軍隊」へと転換するのかどうかの議論が本格化することになる。(毎日新聞)

あべ力也