河村たかし名古屋市長の「貴族政治から庶民改革」を実践


kawamura

市長退職金の廃止、市長報酬を800万円に削減等を実施し、議員定数半減、議員報酬半減を目指して徹底した議会革命を進めている河村たかし名古屋市長。
あべ力也区議は河村かし応援団の一員として、衆議院議員時代からの同士です。

河村市長いわく「議会や議員の改革を口にすると同僚議員には嫌われるが負けてたまるかと頑張った」とのこと。世田谷区議会でも河村市長の議会改革を進めてまいりますので、皆様のご支援、ご声援をおねがいいたします。

議会改革には、専業の職業議員、多選議員などをはじめ大多数が抵抗勢力!
議員特権を有権者の皆様に知って頂くことが改革の第一歩です。専業の職業議員は自ら普通の市民として職業を持ちそこから税金を払っていないことから、住民と同じ問題意識を共有できない人たちです。

だから、一度議員になってしまうとその議員特権という優遇されてきた既得権益を守ることに躍起になってしまいます。議員にはそれなりの知識と経験、要素が必要だというのは専業の職業議員、多選議員の自衛の弁です。

議員に必要なのは自分が住んでいる町の人たちと同じような感覚を共有していることです。
中には家族で異なる自治体で議員をしている家族そろって職業議員なんていう人もいるとかいないとか?
議員になって初めてまともな税金を払った議員とか?
区民の税金を食い物にする、改革に後ろ向きな専業の職業議員、多選議員を総取替えしましょう!

ページトップへ