民主党に代わるリベラル派の、自民党への対抗勢力の出現が待たれます!


為替が再び100円を超える円安になり株高に動きそうです。参議院選に向けた動きなのかよくわかりませんが、上げ下げの激しい相場が続きます。参議院選後に待ち受けるのは、「物価上昇と増税」「サラリーマンの正社員切り法案」「訳の分からない憲法改正」などなど、景気がいいと騙されているうちに支出がそれを上回り気が付いたら取られた方が多いということにも!庶民の声を代弁する政党が無い、受け皿が無いと言うのが困りごとです!都議選の結果から見ると共産党やみんなの党が議席を伸ばしましたが、共産党は自民党の躍進に対する反作用であることは間違いありませんが、みんなの党の躍進は、有権者のオンゴール!働くサラリーマン、OLの有権者のみなさんにとって、「みんなの党」は反自民党の受け皿ではあり得ません。自民党の補完勢力であり、そこへの投票行動は、自民党に投票しているのと同じです。なぜなら、マスコミなどには自民党批判や違いを強調した部分がよく出てきますがポーズにすぎません。「みんなの党」は残念ながら議会のなかではほとんどの重要案件は自民党と共同歩調を取っています。
民主党に代わるリベラル派の、自民党への対抗勢力の出現が待たれます。