昭和天皇



昭和天皇発言メモ/靖国問題の議論深めよう

 昭和天皇がA級戦犯合祀(ごうし)を不快に思い、靖国神社参拝をやめたとする当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)のメモが見つかった。昭和天皇の参拝中止の理由についていろいろな憶測が語られ、A級戦犯合祀も有力な説だった。メモの発見によってそれが裏付けられた形となり、一連の論争に決着が付いた。

 小泉純一郎首相は今回のメモについて「心の問題だ」と述べ、自身の参拝に影響するものではないとの考えを表明した。しかし、自民党を含めA級戦犯の分祀論に追い風になることは間違いない。

 分祀以外にも無宗教の新たな国立追悼施設の建設、あるいは「無名戦士」の遺骨を納めた国立の千鳥ケ淵墓苑の拡充構想などがある。
この際、靖国問題解決のために、もっと国民的議論を深めていただきたい。

あべ力也