放射線量の測定は富士電機か日立アロカメディカル製の測定器の信用性が高い


放射線量の測定は富士電機日立アロカメディカル製の測定器の信用性が高いとのことです。しかし、現在被災地の自治体や大手の企業といった測定データの責任ある管理ができるところ以外販売を控えているとのことです。秋葉原でガイガーカウンターを購入し測定するのはあくまで個人レベルで!公表するのは、もし測定データが間違っていた場合取り返しのつかない二次被害に発展する可能性があり、個人としては、責任を考えるとあまりにも危険な行為といえます。自治体や信用できる機関による早期の測定に期待するより、ほかに手はないようです。