岡野加穂留



ちょうど一月前(6月7日)ですが、明治大学雄弁部時代の恩師、岡野加穂留(おかの・かおる)さん76歳=元明治大学学長、(政治学者として同じ明大出身の三木武夫、村山富市両元首相のブレーンを務めた)が、肺がんのため亡くなった。76歳だった。密葬は近親者のみで行う。
お別れ会は7月20日13:00~15:00東京プリンスホテル サンフラワーホール2F 東京都港区芝公園3-3-1 TEL3432-1111。
自宅は非公表。喪主は妻の論江(ときえ)さん。

 1929年6月生まれ。55年明治大学大学院政治経済学研究科修了、68年同大政経学部教授、92~96年同大学長。

 76年12月の三木首相退任声明文作成に加わったり、96年1月の村山首相の退陣表明当日、官邸で相談を受けた。

 専攻は比較政治学で、議会、政党、選挙制度を比較研究し、米ジョンズ・ホプキンス大大学院客員教授などを歴任。明大雄弁部部長、86年から明大ラグビー部長として5回大学日本一に導いたほか、昨年は郵政民営化法案に反対し、郵便局ファンの会会長を務めた。著書に「政治風土論」「村山政権とデモクラシーの危機」(編著)など。(毎日新聞)
ご冥福を祈りたい。
あべ力也
http://www.aberikiya.jp・http://blog.goo.ne.jp/aberikiya(携帯も同じ!)