インターン体験記 田中祥子さん


田中祥子さん

明治大学政治経済学部地域行政学科3年

私は、インターンをするまで議会や議員さんに直接に関わったことがなく、どこか遠い存在のように思っていましたが、今回の約2ヶ月間、あべ議員に同行させて頂いて、その印象は大きく変わりました。そして、特に強く感じたことが二つあります。

一つ目は、議員さんは強い信念のもとに活動を行っているのだということです。あべ議員は毎日多忙で色々な予定をこなしていますが、「どうしてそんなに頑張れるのですか?」と私の問いに「まちを良くしたいからだ」と答えられたことに、私は以外にも単純な答えであることに驚きました。
しかし、この想いが強いからこそ、議員として活躍続けているのだろうと思いました。今年8月に埼玉で起きたプールの排水溝での死亡事故について、世田谷ではどうかとすぐに調査を行ったという、その行動の素早さは、常に区民のことを考えており、信念のもとに活動されているためだろうと感じました。

二つ目は、議員さんは住民の代表として活動されているわけですが、住民は政治や行政に対して、議員さんに任せきりになってはならないということです。
インターン中に何度か住民団体の方からの要望を傍聴させていただきましたが、自分たちの生活をより良くするために自分たちできちんと考え、議会でその声を反映させてもらおうとする姿は素敵で、またとても大切なことであると思いました。
現在のあらゆる問題は多種多様になっていますが、それらを解決していくには、住民自治として住民が自ら自分たちを治めるというように真剣に取り組むことが望ましく、またそれらに応えられる議員さんも必要であると思いました。
決して議会や行政、政治は一般住民にとって遠い存在のものと思ってはいけないと思いました。

あべ議員のもとでのインターンは、地元のまちづくりや地域振興について興味のある私にとって、とても貴重な経験となりました。この経験をこれからの学生生活や就職活動に活かしていきたいと思います。