インターン体験記 斉藤大輝さん


斉藤大輝さん

国学院大学

 私は、あべ議員のもとでインターンとして約三ヶ月お世話になりました。私は大学で政治について学んでおり、静的なことだけではなく動的な実際の政治の現場はどうなのか興味があったのでインターンをさせていただきました。インターンとしての三ヶ月で私が感じたことは、政治で重要なことは有権者からの要望を汲み取りそれをいかにして反映させるかということです。私は予算要望のヒアリングに参加させていただきましたが、そこでは障がい者団体の方から保育士の団体、組合など様々な要望がきました。その様々な要望を受け止め解決するための政策として提案していくためには現状の把握から他の事例を参考にどのような解決案があるのか考える必要があります。さらに解決案を考えていく際に到底実現することのない案を出すのではなく実現可能なものにする必要があります。あべ議員がおっしゃっていた「議員は独りよがりではいけない」ということは政治において重要なことだと思いました。政治は人が行うものであり、有権者や役人などのつながりによって作られていくものです。なので、どのようなことが求められていて、実際にどのことまでできるのか有権者と役人の間に立ち調整していくことが重要だと感じました。